時計修理・電池交換の知識

腕時計修理・電池交換の知識
機械式時計の分解方法
腕時計修理Q&A
時計電池交換方法
ボタン電池対応表
ベルトサイズ調整方法
時計用語
部品名称
使用されている素材
防水精度
磁気の影響について
サイトマップ
腕時計に使用される素材
ケース・ベルト
ステンレス ステンレススチールとは錆びにくい鉄という意味で
鉄にクロム(Cr)やニッケル(Ni)を混ぜることによって耐食性があり
とても錆びにくい合金です
表面にクロム酸化被膜を作るため耐食性があるのですが
その被膜が破壊された場合は腐食が早く進行します
ステンレスはクロム、ニッケルの比率またはモリブデン、チタンや
その他の金属を混ぜることにより100種類以上あり
種類によって耐食性の違いや磁性の有無などさまざまです

腕時計に多く使用されている素材ですが、
メーカー、または時計の種類によって違いがあります
真鍮 銅と亜鉛との合金で黄銅とも言われ、加工しやすく、耐食性もあります
すぐ変色してしまうので時計の場合ほとんどメッキが施されています
メッキされていると見た目では判断できません。
とても高価な金属ですが、時計素材の場合柔らかすぎるので
金をそのまま使用するのではなく他の金属を混ぜて使用されます
18金とは18/24(75%)が金になり残り25%は他の金属で
混ぜる金属やその割合によってさまざまな色があります
銅の配合率が多いピンクゴールド
シルバーを混ぜたグリーンゴールド
パラジウム、銀などを混ぜたホワイトゴールド
最近は18金が一般的ですが昔は14金、9金などが使われています
シルバー 柔らかく加工しやすい金属で、白い金属ですがすぐ変色してしまうので
黒っぽいイメージがあります
一般的に使用されるのはsv925(75%が銀)が多い
プラチナ 金よりも重く(金比重の1.3倍位)高価で酸に強くあまり変色しない
金属で白金とも呼ばれています
一般的にはPt900(90%がプラチナ)が使用されます
チタン 軽くて耐食性があり錆び変色などもあまりなく航空機などに使用されて
います 金属アレルギーなどもほとんどありません
超硬 タングステンとコバルトを混合して焼結した合金で
その名の通りとても硬くほとんど傷がつきません
但し衝撃などでよく割れることがあり、昔の超硬ケースの時計は
割れていることが多い
セラミックス 粘土などの無機原料を高温で焼き固めた非金属であり
電気を通しません 熱に強く硬いのですが、すぐ割れてしまうのが欠点
アンチモン 熱に弱くもろい半金属
低価格の時計ケースに使用されているアンチモン化合物ですが
そのままではなくメッキが施されています
熱に弱く一度破損すると修復は困難です

低価格の時計にはアロイ(合金)として多く使用されています
裏にStainless steel backと記載がある場合も、
裏蓋のみがステンレス素材という意味で、
時計本体にはこの金属が使用されていることも多く見かけます
文字盤・針
夜光塗料 1910年頃から硫化亜鉛に放射性物質ラジウム226(半減期1600年)を
混ぜた夜光塗料が、針やインデックスに使用される
その後半減期十数年と短い放射性物質トリチウムやプロメチウムが
使用されるようになってきたが、
環境などの問題から現在では放射性物質を含まないN夜光・ルミノーバ
(光を蓄え長時間発光する蓄光夜光塗料)が使用されています
白蝶貝 真珠を作るための母貝として使用されているため
マザーオブパールとも言われている
文字盤には薄くスライスしたものが使われています
ガラス
サファイヤガラス 人工的に作った単結晶サファイア
ガラスに比べ硬く傷付きにくい、透明度がある、熱に強いなどの
長所がありますが、高価格になります
無反射ガラス ガラス面が低反射になるように表面にフッ化マグネシウムなどの
物質を蒸着(コーティング)したもの
光の屈折率が変わり中の文字盤が見やすくなります