時計修理・電池交換の知識

腕時計修理・電池交換の知識
機械式時計の分解方法
腕時計修理Q&A
時計電池交換方法
ボタン電池対応表
ベルトサイズ調整方法
時計用語
部品名称
使用されている素材
防水精度
磁気の影響について
サイトマップ
メンテナンスQ&A
時計修理店によって対応がさまざまですが参考にどうぞ
Q 時計店に電池交換してもらおうと思ったらオーバーホールが必要と言われた
A 時間の不具合がある場合、電池電圧を計りまだ切れていない場合は
電池以外の原因となりオーバーホールが必要になります
電池切れの場合でも、新しい電池を入れて動かない
また、内部水入、錆、部品破損などで技術者が正常に動作しないと判断
のいずれかと思われます
Q 腕時計が故障する原因は
A 落下の衝撃
磁気が入ってしまった
水が入った、錆発生
電子回路の故障(クォーツの場合)
普通に使用していても4〜5年位で汚れ、油切れなどでトラブルになる場合があります
Q オーバーホールはどのくらいの頻度ですればいいのでしょうか
A クォーツの場合は4〜5年に一度、機械式は2〜3年に一度位がいいと思います
使用条件や使用年数によっても変わります
Q オーバーホールはなぜ高額なの
A 数十種類の部品を全て分解し、はけ洗い、錆取り、超音波洗浄、直し、不良部品交換、
組立、時計修理専用油(数種類)を注油、調整、テスト
超音波洗浄以外は全て手作業なので高額になります
Q 修理はどこに依頼しても同じなの
A 修理内容は修理業者によりさまざまです
劣化部品は全て交換になる場合、直して使う場合など
技術者によっても基準が変わることがあります
見積り納得いかない場合はキャンセルも必要かもしれません
但し、キャンセル料がかかるところもありますので事前に聞いておきましょう
Q 修理料金に違いは
A 作業自体は同じですが一般的に時計の価格が高いほど修理料金も高く設定してあります
クォーツより機械式時計の方が部品数も多くめんどうなので高めです。
機械式クロノグラフはさらに高額になります
例えばオメガスピードマスターを中古で安く購入してもメンテナンスで
2〜3年に一度3〜5万円位使うことを覚悟した方がいいでしょう
Q 修理してもまた壊れるのでは
新しく時計を購入した方がいいのでは
A 修理すれば新しいものと同じ位の状態になる場合もありますが、
交換部品が無い古い時計の場合、磨耗などで精度が出なかったり
あまり良い状態にならないこともあります
事前に修理するところで相談しましょう
Q 風防の傷は直りますか
A 風防素材と傷の深さによります
プラスチック風防で浅い傷でしたら磨きで直りますが
ガラスの場合、または傷が深い場合は交換になります
Q ケースの傷は直りますか
A ステンレスや金など無垢素材でしたら磨きができますが
メッキやコーティングされているものは磨くと地金が出てしまいますので
再度メッキをしなければならないので難しくなります
ケースの磨きは行っていないところが多いので事前に確認しましょう
Q 切れた電池を入れておいても悪くならないの
A 切れた電池を入れっぱなしにすると電池が液漏れをおこす場合があります
液漏れがひどいとオーバーホールが必要になります、早めに交換したほうがいいでしょう
Q 防水時計はすぐ電池交換できないと言われた
A 通常防水時計は電池交換のとき防水テストを行います
防水不良が発生した場合は交換部品代が追加になります
但し、防水として使わない場合は電池交換のみでもいいでしょう
Q 長くもつ電池を入れてもらいたいんだけど
A 腕時計用ボタン電池は乾電池アルカリ・マンガンのような違いはありません
電池の大きさ(容量)と時計の消費電流によって寿命が決まりますので
取説に記載されているのが電池寿命になります
あまりもたないような場合はオーバーホールが必要です
Q デジタルの液晶が薄くなってきたのは電池切れですか
A 電池切れの場合と液晶の寿命があります
電池交換しても変わらなければ液晶の寿命です
購入してから8年位経っていれば液晶の寿命が考えられます
Q 秒針が4秒ごとに動きますが故障ですか
A 電池切れの予告機能が働いているものと思われます
大抵の場合、電池交換で正常に戻ります
Q 電波時計なのに時間が合わない、故障ですか
A 故障の場合もありますが、電波の誤受信で時間がくるう場合があります
交通量の多いところ、電化製品の近くなどはノイズが発生しており
誤受信する場合があります
また、電波の届きにくい建物の中でも時間が合わないことがあります